米国の財政協議進展の期待感

米国の財政協議が前進するのではという期待が進んでいます。
この期待によりドル買い円売りが発生しており、
ドル円が上昇しています。

FOMC議事録発表を前にかなり悲観的な
ドル売りが進んでいましたので、
巻き返し的な動きが見えており、
それもあいまってドル買いが進んでいるということになります。

中東の情勢も落ち着いてきていますので
リスクが少なくなってきています。

米国金利が極限まで低下してきているので、
ここからは米国金利の上昇が起こってくるといえます。

米国金利が上昇してくれば
自然にドル買いが発生していきますので
ドル高が進んできてもおかしくないです。

ドル高が進めば景気が良くなったと判断され
円売りも進み円安となります。

景気向上感が一時ではありますが出てきています。
株価も上昇してきていますので、
円売りの流れがしばらく続きそうですね。

一旦手仕舞いをしているのか、
本格的な円売りの流れになっているのかを
見極めるのは時間がかかりますが、
流れが変わったとみて円売りのポジションで
勝負を仕掛けるときが来たのかもしれませんね。

ここからFXではリスク選好の動きが
強くなってくるかもしれませんので
ロングポジションが優勢になってくる頃合ですね。

しっかりと状況を見極めてFXでの取引で勝利をつかんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です