日銀緩和策の為替への影響

おさらいの意味も含めて
日銀緩和策の為替への影響を書いておこうと思います。

量的緩和策とは、日本銀行(日銀)によって
実施される金融政策の一つです。
狭義では、日銀が2001年3月から導入した
金融政策のことを言います。

サブプライム問題の発生時などにも行われていた
金融政策であり、市場に直接資金を供給したりもしました。

金融緩和策というのは基本的に市場に資金を供給することです。
このため為替への影響としては、基本的には円安傾向になります。

では量的金融緩和政策とは、
緩和策は正確には「量的金融緩和政策(Quantitativeeasing)」
と呼ばれています。

金利の引き下げによってではなく、
日銀当座預金残高量の拡大によって、
金融緩和を行うという政策です。

深刻なデフレーションに陥っているときは、
金利をゼロにしても十分な経済刺激効果は出ず、
景気もあまり回復しません。

そんなときに量的金融緩和政策が行われます。

日銀による量的金融緩和政策は、
2001年3月から行われていました。

今年の4月、新体制となった日銀より、
新たな金融政策が発表されました。

従来の金利基準の市場操作から、
マネタリーベース基準の市場操作に変わっています。
金利を下げるのではなく、その分資金を大量に発行するという、
大規模な量的金融緩和政策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です