FXのチャートの見方

FXのチャートは一見難しいグラフのように見えます。

FXのチャート所謂、テクニカル分析を使いこなすためには、
それぞれのチャートの特徴や見方を覚える必要があります。

最初は使い方が分からず戸惑うかもしれませんが、
使っているうちに慣れてくるものです。

またチャートの種類によっては自分で線を引いたり
点を結んだりして、売買ポイントを決めるなど
投資判断をしやすくできるチャートもあります。

まずは基本的なチャート、
初心者向けのチャート(移動平均線、ロウソク足など)
の使い方から覚えていくといいでしょう。

また一つに限らず複数のチャートを組み合わせて使うこともできます。

為替レートの状態(トレンド)は、
上昇、下降(下落)、
保ち合いの3種類に大きく分けることができます。

保ち合いとはトレンドがないような状態で、
相場の方向性がいまいち決まらないあいまいな状態を言います。

FXのチャートは、この3種類のトレンドを
見極めていくことが基本的な見方となります。

FXトレーダーの多くに使われている
テクニカル分析といえば移動平均線です。

移動平均線では、トレンドの方向性や
売買ポイント見ることができます。

FXチャートの中でも基本的なチャートの一つです。
とくに21日線が重視されており、
この線と価格の関係性を見極めて売買タイミングを判断しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です